畑作物共済

1.加入について

NOSAI下越では、乾燥子実で、かつ、黒大豆以外の品種の大豆が加入できます。

 

2.引受方式について

畑作物共済では、下記の引受方式があります。

引受方式 補償割合 引受単位 加入要件
一筆方式 70% 耕地一筆を単位とします

5a以上栽培している農家、生産組織(農業共済資格団体)、法人(農業を営むもの)が加入できます。
全相殺方式は収穫量の概ね全量を共同乾燥調製施設に出荷し、その資料提供が得られることが必要です。

半相殺方式 80% 生産者が単位となります
全相殺方式 90%

 

3.共済責任期間について

発芽期(移植をする場合は移植期)から収穫を行うまでとなります。

*発芽期とは、その地方において、通常の収穫量を期待できる播種期間に播種されたものが通常発芽する時期をいいます。
*収穫とは、収穫の適期に刈取り、ほ場より搬出することをいいます。

 

4.補償額(共済金額)について

共済金額は、共済責任期間内に共済事故により被害が生じた場合に支払われる共済金の最高額をいい、引受方式により、以下のように算出します。

一筆方式 基準収穫量×0.7×1kg当たり共済金額
半相殺方式 基準収穫量×0.8×1kg当たり共済金額
全相殺方式 基準収穫量×0.9×1kg当たり共済金額

*共済金額に応じて、農家のみなさんから支払っていただく共済掛金が算出されます。

 

5.共済掛金について

共済金をお支払いする財源として、農家のみなさんから共済掛金をお支払いいただくことになります。同時に国も、共済掛金の55%を負担しております。

 

6.共済金をお支払いできる事故について

共済金の支払対象となる事故(共済事故)は次のとおりです。

・風水害、干害、冷害、雪害

・その他気象上の原因(地震及び噴火を含みます。)による災害・火災

・病虫害

・鳥獣害

大豆・そば

 

7.共済金の支払いについて

引受方式ごとに共済金支払対象となる損害割合を超えた場合、共済金が支払われます。

一筆方式 共済事故が発生し、被害を受けたほ場ごとに基準収穫量の3割を超える被害が発生したときに、3割を超える分の減収量(共済減収量)に対し支払われます。
半相殺方式 共済事故が発生し、被害を受けた農家のほ場ごとの減収量の合計が総基準収穫量の2割を超える被害が発生したときに、2割を超える分の減収量(共済減収量)に対し支払われます。
全相殺方式 共済事故による全ほ場の減収量と、増収量を相殺し、総基準収穫量の1割を超える分の減収量(共済減収量)に対して支払われます。

 

8.無事戻し

3年間継続して加入し、過去3ヶ年間のご負担いただいた掛金より、共済金や過去2ヶ年の無事戻し金が少なかった場合には、掛金の一部を無事戻しとしてお支払いします。ただし、総代会の議決や収支状況によっては、お支払いできない場合があります。

重要事項の説明

adobe reader ダウンロード

※当サイトにはPDFデータをダウンロードするコンテンツが含まれております。

※PDFをご覧いただく為には、Adobe readerが必要です。左のボタン画像をクリックし、手順に従ってインストールしてください。


NOSAI下越
〒959-2415
新潟県新発田市住田544番地
Tel. 0254-33-3901 Fax. 0254-33-3293