NOSAIの仕組み

農業災害補償制度のあらまし

農業は、その生産過程において自然条件に左右されることが最も大きい産業です。しかも、農業経営は、この自然条件に大きく依存し、その偶発的災害による農作物の減収、家畜・農機具等の生産資本の喪失など影響を受けやすい環境下にあります。

国は、こうした農業災害対策の基幹的制度として農家の相互扶助と保険の仕組みを組み合わせた「農業災害補償制度(NOSAI制度)」を機能させています。

また、「農業災害補償」とされていることについては、不慮の事故によって受けた損害を、共済金により「経済的におぎなう」という意味で、社会政策的見地から仕組まれた「国の政策保険」として位置づけられています。

 

NOSAI事業(制度)の特徴

1.事業実施が農業災害補償法で義務づけられています。2.掛金は国がおおむね50%の負担をしています。3.当然加入の事業があります。(水稲・麦が対象です)4.農家負担掛金に無事戻しがあります。(家畜共済は対象外です)5.損害防止事業が展開されています。

 

NOSAIのしくみ

NOSAI制度は、農家のみなさんと国が「掛金」を出しあい、災害が発生した時に共済金をお支払いする仕組みになっています。また、大災害にも対応するため、下図のようにそれぞれの段階で危険分散をはかっています。

 

共済金支払いの仕組み

 

adobe reader ダウンロード

※当サイトにはPDFデータをダウンロードするコンテンツが含まれております。

※PDFをご覧いただく為には、Adobe readerが必要です。左のボタン画像をクリックし、手順に従ってインストールしてください。


NOSAI下越
〒959-2415
新潟県新発田市住田544番地
Tel. 0254-33-3901 Fax. 0254-33-3293